防音工事

賃貸住宅でできる防音対策!防音工事VS防音専科の防音マット

 

 

防音工事の方法や費用相場!賃貸でできる防音対策

賃貸住宅やマンションに居住していると、気になってしまうのが生活音。上階だと特に、階下の住人へ迷惑がかかっていないか心配ですよね。

今回の記事では、賃貸住宅やマンションで起こる騒音トラブル「足音」についての対策を中心に、防音工事が良いのか、他の防音対策が良いのか調べてみたいと思います。

 

目次
 1. 賃貸住宅やマンションで起こる騒音トラブル
1-1. 集合住宅の騒音は足音
2. 防音工事
2-1. 防音工事の費用
2-2. 防音工事の効果
2-3. 賃貸やマンションでも防音工事はできる?
3. 防音工事以外の防音対策
3-1. 遮音等級LL35取得の防音専科は知っていますか
3-2. 防音専科の設置は簡単

 

 

 

  

  

  

1. 賃貸住宅やマンションで起こる騒音トラブル

    賃貸住宅やマンションで度々問題となるのが騒音トラブル。
    近隣との距離が近く、生活音が響いてしまいがちに。

     

    1-1. 集合住宅の騒音は足音

    集合住宅で最も多い騒音トラブルが「足音」です。
    とくに、お子様がいるご家庭では、子供の足音が階下や近隣へと響いています。
    このことから、足音を防音することで、足音で発生する騒音トラブルを回避できます。
    騒音トラブルについての詳しい記事はこちら

     

     

      

      

      

      

    2. 防音工事

    2-1. 防音工事の費用

    床の防音工事では、衝撃音の種類によって施工方法や、費用が変わってきます。
    床の防音工事には大きく分けて3つの工事があります。

    防音工事料金表 

    ・カーペットに張り替える

    床材をカーペットに張り替える方法です。
    軽量衝撃音に効果的です。軽量衝撃音とは、スプーンなどの小さくて硬質なものを落としたときの音で、スリッパでパタパタと歩く音なども含まれます。
    フローリングの上にカーペットを敷く方法とは異なるので、区別しておきましょう。

     

    ・防音フローリングまたは防音カーペットに張り替える

    床材を防音フローリングや防音カーペットに張り替える方法です。これも軽量衝撃音対策ですがモノによっては足音などの対策が可能な商品もあります。防音性能のレベルを表す「遮音等級」が明記された防音フローリングや防音カーペットを使用します。

     

    ・床材の下に遮音材施工/二重床の下に防音材施工

    床材の下に遮音材を敷くことや、二重床の場合には、下地板を支える脚部分に防音材を使うといった方法などがあります。いずれも重量衝撃音対策です。重量衝撃音とは、子どもが走り回ったり、飛び跳ねたりする大きな音のことです。

    重量衝撃音は構造部分に関わる問題です。対策には大規模なリフォーム工事が必要で費用も工事内容によって様々ですが、高額になるケースがあります。

     

    2-2. 防音工事の効果

    フローリングの張り替えや、カーペットへの張り替え工事では構造によっては効果を大きく感じられない場合も。しかし、床材の下へ直接遮音材や、防音材を施工することで階下への足音を軽減することができます。

     

    2-3. 賃貸やマンションでも防音工事はできる?

    賃貸住宅では、このような大規模な防音工事ができない場合が多く、無断で工事を進めるとトラブルのもとに。たとえ工事の許可が取れても退去時に、工事前の部屋に戻さなくてはいけない場合もあります。また、施工するための準備などにも時間がかかり、負担に感じます。
     

     

     

      

      

      

    3. 防音工事以外の防音対策

      3-1. 遮音等級LL35取得の防音専科は知っていますか。

      賃貸住宅やマンションで防音工事をするには少しハードルが高く感じますよね。
      防音工事を検討する前に、MUTE 防音専科を試してみませんか?
      MUTE 防音専科は、世界最高レベルの防音を実現した防音タイルカーペットです。MUTE 防音専科が世界最高レベルの防音性能と言われている理由は、遮音等級LL35を取得しているからです。

       世界最高レベルの防音マット

       

      通常、多くの防音タイルカーペットは遮音等級がLL4550で販売されています。
      しかし、MUTE 防音専科は独自の技術で開発し、外部機関の防音試験をLL35で取得することができました。
      子供の足音による騒音にも対応できる防音性能です。

       

      床材防音等級早見表 

      3-2. 防音専科の設置は簡単

      MUTE 防音専科のメリットは、お部屋の広さに合わせて必要枚数を購入するだけ。
      大掛かりな防音工事と違い、床に敷くだけで防音対策が可能です。お部屋の間取りに合わせて、カッターでカットすることも可能です。特別な工具も必要ないため、届いたその日からタイルカーペットを使うことができます。賃貸住宅やマンションでも手軽に設置が可能なので、引っ越しなどで退去する際も簡単に撤去することが可能です。
      また、タイルカーペットなので汚れれば、取り替えることが可能です。

       

       

       

        

        

        

      4. まとめ

        いかがでしたか?防音工事は費用も大きくかかり、施工するまでに時間もかかります。しかし、MUTE 防音専科であれば、設置も撤去も簡単に行えるだけでなく、満足のいく防音性能を体感することができます。
        みなさんも、騒音トラブルになる前に、MUTE 防音専科を検討してみてはいかがでしょうか。

         

         

         

        防音マット 防音専科

         

         

         

        ↓おすすめブログはこちら↓

        防音マットの性能徹底比較!ニトリVSコーナンVS防音専科
        賃貸マンションの防音性能って?防音対策必要ですか?
        マンションのお部屋で運動その前に!騒音対策してますか?
        二重床が騒音に!?正しい防音対策とは
        MUTE 防音専科て本当のところ買って良かった?レビューや口コミを調査!

        MUTE 防音専科を詳しく知りたい方は下記ページよりご覧ください。

        MUTE 防音専科商品ページ

         

         

          

          

          

        今すぐ無料サンプルを申し込む