賃貸マンション騒音問題

マンションのお部屋で運動その前に!騒音対策してますか?

 

マンションで運動すると騒音に!?

 

新型コロナウイルスの感染拡大の中、外出を控え、自宅で過ごされる方が増えているかと思います。

感染拡大に伴い、会社勤めの方も在宅によるテレワークが導入されるなど、大きく生活様式が変わりました。

そして、在宅での時間が増えるにあたり、今までトレーニングジムで運動を行なっていた方の運動方法にも大きな変化が見られました。

外出自粛やテレワークの定着で体を動かす機会が激減したことに加え、食生活の乱れなどによる“コロナ太り”に直面する人が増えているため、年齢や場所を問わず、気軽に始められる自宅での運動の人気が高まっています。

「ホームトレーニング」での運動需要が高まり、ヨガや、筋トレなどのオンラインレッスンが数多く導入されたことも自宅での運動人気が高まった理由といえるでしょう。

しかし、自宅で運動される方が増えたことにより、「騒音」の問題が浮上してきたのです。

自宅で快適に運動ができる対策をご紹介したいと思います。

 自宅で運動

 

目次
1.騒音が気になる運動
1-1. エクササイズ
1-2. トレーニングマシン
1-3. ゲーム
1-4. トランポリン
2.マンションで運動する前に騒音防止のためにできること
3.部屋の雰囲気を壊さない防音床材

3-1.防音床材の選び方(防音性)
3-2.防音床材の選び方(安全性)

4.まとめ

 

 

 

  

  

  

1.騒音が気になる運動

マンションにお住まいの方は、普段から騒音対策はされていますか?

マンションは通常の生活音でも騒音トラブルで苦情になるケースもあり、運動をマンションで始める場合にはしっかりとした騒音対策を行わなければ思わぬトラブルへと発展します。

最近では手軽にトレーニングマシンを購入することができるので、マンション住まいの方も購入される方が多くいます。

トレーニングマシンを使用した運動では、通常の生活では発生しない音が発生しやすくなります。

マンションの部屋で、器具を床に置く際の衝撃で発生する音などが、マンション階下の住人へ騒音として伝わってしまいます。

 

1-1. エクササイズ

YouTubeでは無料で楽しくできる、おうちエクササイズの動画がたくさんあがっています。特に「2週間で10㎏痩せる運動」として話題のハンドクラップダンスは、誰でもできる簡単なステップの繰り返しなので、人気が急上昇中しています。

しかし跳ねるようなステップが多く、ドタンバタンと騒音がでてしまうシーンもあり、マンションの1室で行う場合、階下の人に迷惑でないかが気になります。

他にも有酸素運動やエアロビクスは、どうしてもジャンプをしたときの振動音が、マンションで行う際には気になります。

他にも、ヨガや筋トレなどの運動は、床との接地面積の多いポーズが多く、力を入れたりすると床が振動します。床が振動することによって音が発生し、マンションの階下の住人に騒音として伝わってしまいます。

 

1-2. トレーニングマシン

自宅にトレーニングマシンがあれば、いつでも体を鍛えられますが、広いジムと違い、周囲の騒音には気を配らないといけません。

ベンチプレスではラックにバーベルを戻す際に、ガシャンと大きい音が階下、隣の部屋に響きます。

他にもルームランナーやエアロバイクは、運動中のモーター音も気になります。

小型の筋トレグッズ筋トレグッズは小型のものでも、騒音につながるものあります。特に腹筋ローラーは、運動時に車輪と床が接触しゴロゴロと大きな音が響くので要注意です。

ダンベルも床におろすときに、気が抜けると「ドン」と音を立ててしまうことがありますよね。この音も階下には聞こえるもの。床がへこまないかも合わせて注意したいところです。

 

1-3. ゲーム

Nintendo Switch(任天堂スイッチ)」の「リングフィットアドベンチャー」などの体を動かすゲームも、マンションでプレイするには注意が必要です。

基本的にはゲーム自体に工夫がされていて、マンション暮らしの人でも騒音を出さずに遊べるよう作られています。たとえば同ゲームでは「サイレントモード」を選べば、ジョギングシーンはすべて屈伸運動に変更されます。ランニング時の着地音を出さずにゲームができるので、階下に住む方へも迷惑がかかりにくいです。

しかし、それでも音が出ることを避けられない場面もあります。なかでも「マウンテンクライマー」は、運動初心者ではかなり、ドタドタと音がでてしまうトレーニングでしょう。

マウンテンクライマーは両手を地面につけて左右の足を後ろにピンと伸ばした後、足を左右交互に胸元に引き寄せる運動です。運動量が多く、脂肪燃焼にとても効果的なので積極的に取り入れたいのですが、騒音は避けられません。

 

1-4. トランポリン

最近では、室内で遊べるトランポリンが流行しました。
トランポリンはゴムタイプだと騒音になるほど大きな音はでませんが、金属製のスプリングタイプだと、大きな音がでてしまいます。

 

 

 

  

  

  

2.運動する前に騒音防止のためにできること

マンションでも、きちんと対策をすれば運動することが可能です。そのためには騒音対策に必要な防音床材を正しく選びましょう。

トレーニングマシンを、マンションでも導入したい方は、騒音対策のための床材選びをしましょう。マンションが賃貸の場合は、床への凹み・傷対策にもなりますので、運動がしやすい床材選びをしましょう。

 

例えば、普段はマシンを収納しており、運動するときだけマシンを出す場合はマシンを設置する場所に防音床材を敷きましょう。

マシンを常にお部屋に出す場合は、防音床材も敷いたままになるので、お部屋のインテリアに合わせた防音床材を選ぶと良いでしょう。

トレーニングマシンを使用しない場合ですが、最近ではヨガマットや運動用の持ち運びできるゴムマットなどを使用されて運動されている方がいます。

運動用のゴムマットは、運動する際に体が滑ってしまわないようにする効果と、体への負担を軽減してくれる効果があります。

 

 

 

  

  

  

3.部屋の雰囲気を壊さない防音床材

では具体的に、どのような防音床材を選ぶのが良いのでしょうか。
防音床材を選ぶ指標として、防音性能が高いことが重要です。
この防音性能を理解して床材を選ぶことによって、マンション階下への騒音対策が可能です。

 

3-1.防音床材の選び方(防音性)

マンションでの防音床材を選ぶ時、何を基準に選んだら良いのかわからないですよね。

選ぶ基準として、LL値と言う値があります。

LL値が小さければ小さいほど、音が聞こえにくくなります。一般的な製品ではLL50LL45という数値で販売しているところが多いでしょう。

上記の表を見て頂ければわかりますが、LL45LL40でも苦情にならず問題ないのではと思う方も多いと思います。

しかし、MUTE(ミュート)の防音タイルカーペット防音専科の最も大きな購入理由は、コルクマットや他の防音カーペットでは騒音対策が不十分だったというものです。

LL35を取得しているMUTE(ミュート)の防音専科は、LL45LL40の商品に比べ防音性能が高いと言えます。LL35を取得している防音カーペット防音専科は、足音をはじめとする様々な音を最大限吸収し、特に人が最も敏感に反応する周波数帯と言われる2000hzでは、約82%の音を軽減することに成功しました。階下や周囲を気にせず、存分におうちトレーニングが可能です。

また、MUTE 防音専科の上にヨガマットなどを敷いてトレーニングをすると、防音性を確立しながら汗を拭き取れるためおすすめです。

 

3-2.防音床材の選び方(安全性)

MUTE(ミュート)の防音専科は、防音性だけでなく安全性にも優れています。

マンションの部屋で運動する際、万が一の転倒事故でも、防音専科を敷いていれば大事に至りません。防音専科には、「ヘッドガード」という機能があり、床の硬さを比較した際、幼稚園や老人ホームなどで推奨されている基準値を上回るクッション性で、さらに体への負担が少ない硬さとなっています。

マンションのフローリングそのままで運動すると、体を痛める可能性もあるためクッション性の高い防音専科がオススメです。

 

 

 

  

  

  

4.まとめ

マンションで運動をする際は、騒音対策を必ず行ってから始めましょう。

MUTE(ミュート)の防音タイルカーペット防音専科なら、マンションでの在宅時間の運動だけでなく、マンション住まいで気になる音であれば軽減が可能です。マンションでの騒音対策を心がけていれば、マンション階下の住人とは騒音トラブルになることもないでしょう。マンションで運動される際は、騒音対策の選択肢としてMUTE(ミュート)の防音タイルカーペット防音専科を検討してみてはいかがでしょうか

マンションでの運動は大丈夫?意外と知らない騒音トラブル

 

 

 

防音マット 防音専科

 

 

 

  

  

  

防音専科の詳しい内容はこちら

防音専科購入ページ

 

 

今すぐ無料サンプルを申し込む